« お金 | トップページ | 花嫁の手紙 »

2011年6月20日 (月)

楽しかったこと、あんまり楽しくなかったこと

結婚の準備で楽しかったこと。


・・・のはずが、あんまり楽しくなかったこと。


まずは「衣裳選び」


たいていの女性なら結婚準備で一番楽しみにしていること。
なのに、あんまり楽しくなかったわけでして。
なぜなら・・・
こうちゃんは私の年齢に構わず、ディズニープリンセス達のようなフリフリドレスばかり勧めてくるのだ!

そんなもん着て似合うのは20代前半の花嫁さんなんだよ。
あんたの花嫁さんは、残念ながらもう33歳なんだよ、目を覚ませ・・・。


モチロン私は年相応のドレスを選ぶのですが、結局最後まで「キレイ」とか「似合う」といった言葉をかけてもらえず、気まずい空気のまま終了。

最終的には私と母で決めちゃいました。
ま、それはそれで母と楽しみましたが。



次に「インテリア、食器選び」

今まで結婚を意識するあまり、インテリアショップの敷居が高く感じ、足が遠のいていた私にとって、ついに堂々とインテリアショップめぐりができる!と思っていた私。
新婚の醍醐味を満喫するため、カーテンや家具や食器はこだわってそろえたかった私。

だが、現実は甘くなかった。

そう、こうちゃんはどケチだから・・・。


カーテンや家具は量販店をめぐり、食器は引き出物をかき集めて事が足りた。
まぁ、お互い今までに両手じゃ足りないくらい結婚式出てますから・・・。
「ご祝儀」という名の債権抱えて、危うく貸し倒れする所でしたから・・・。



では一体何が楽しかったのか?



まずは「家電選び」

毎週家電屋に足を運び、家電店員に家電ウンチクを聞き、最新家電を買い揃えて行くのですが、ケチなこうちゃんは実は家電が大好きでして、家電には財布の紐がユルかった。

ひそかに「欲しいものが買える喜び」をかみしめた。



次に「結婚式の見積もり打ち合わせ」

日頃営業マンの私はお客さまと価格交渉の日々なのですが、結婚式については当然ながら立場が逆転するわけなのです。
かなり細かいところまでプランナーさんを詰めながら、通常パッケージ化されているものも細かくして100円単位で値段を切り詰めていく。
料理一品、テーブルの花、ドリンクの種類、ブーケの花の大きさ・・・。

特に「花」が高すぎる。

今まで出席した結婚式で「テーブルにある花が素敵だった!」とか「テーブルのお花がさみしかった」なんて思ったこと、私にはない。
しかも、最後に「どうぞお持ち帰りください」と言われても、二次会に行くときに荷物になるから、受け取らないことのほうが多いくらいだ。

500円下げるだけで70名なら35000円下がるわけで、バカにならない!
最終的に三ヶ月で20万円下げました。

|

« お金 | トップページ | 花嫁の手紙 »

コメント

お花の件、感心しました!
確かにたくさんいらないですね!
今後の勉強にさせていただきます!(^^ゝ

投稿: フク | 2011年6月21日 (火) 22時07分

フクさんへ
お花は結局向こうが提示してきた半分の金額を目指し、できるだけその時期のお花を使ったり、花より緑(葉っぱとか)をたくさん使ってもらったり、リボンを使ってもらったりしました。
他にも、ウェルカムドリンクでソフトドリンクのみにしてもらうとか、価格表にはないけど色々できることがあるので、ぜひ今後の参考にしてくださいね!

投稿: ヒナコ | 2011年6月22日 (水) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185891/40464544

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しかったこと、あんまり楽しくなかったこと:

« お金 | トップページ | 花嫁の手紙 »