« 式場めぐり | トップページ | 四十九日が過ぎて・・・ »

2009年8月 6日 (木)

突然の出来事

式場を決めた翌日。


いつもと変わらず年始初日でバタバタ仕事をしていると携帯が鳴った。
会社の外線をとっていた私はただ携帯を見つめていると、
着信はこうちゃんからだった。
内勤のこうちゃんは仕事中に電話はもちろん、メールすら送ってこない人だ。


・・・なにかあったの?


電話を切った私は慌てて留守電を聞いた。


「あ、俺・・・。親父が亡くなった・・・。今から実家に帰るから。」

くぐもった声でこうちゃんの声がそう言った。


一瞬理解できなかった。
もう一度留守電を聞いても同じ言葉が聞こえてきた。


年末に会って挨拶をしたお父さんが・・・亡くなった?


年始にこうちゃんが実家に帰った時、親父はヒナちゃんのこと気に入ってて普段あまり話さない親父と珍しく話が弾んだよって言ってたのに。
来週には、式場の報告を兼ねてご挨拶に行くと、日にちも決めていたのに。

死因は心筋梗塞でした。
元々不整脈があり、去年から医者にかかっていたけれど、最近症状が緩和されたから処方された薬を飲んでいなかったらしい。
医者や薬が嫌いな人だったとこうちゃんは言った。


告別式にはたくさんの人が訪れていました。
私の両親も参列し、こうちゃんのお母さんとの初顔合わせとなりました。

「気難しい主人が珍しくヒナコさんのことはとても気に入っていたんですよ。年明けに遊びに来てくれるのを楽しみにしていたのに、まさかこんなことになるなんて・・・。」


こうちゃんのお母さんは、気丈に振舞いながらそう言ってくださった。


「お父さんの命が自分たちの幸せの犠牲になったような気がしてならないの・・・。」


告別式の帰りの車の中、ポツリと母に向かってつぶやいた。

「こうちゃんのお父さんの心臓は、あなた達の式が決まるまで
きっと精一杯頑張ったんだよ。
本当は式まで頑張ってもらいたかったけれど、
でもね、こうちゃんからヒナコを紹介されて、
あなたのことを気に入ってくださって、
お父さんはきっと安心して逝かれたと思うよ。」


母の言葉に涙が止まらなかった。

|

« 式場めぐり | トップページ | 四十九日が過ぎて・・・ »

コメント

初めまして。
はじめてこちらのブログにお邪魔したのですが、このエントリー読んで泣いちゃいました…。

お母様のおっしゃるとおりですよ。
安心して逝かれた事と思います。
お幸せになってください。

投稿: リョウコ | 2009年11月28日 (土) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185891/30823204

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の出来事:

» 副業で始めたビジネスが会社の給料を追い越しちゃっ た! [Inter Market]
副業で稼ぐなんて簡単ではありません、ましてパソコン素人がビジネスなんて考えられない?・・と思いの方最初から成功した方なんていません。とりあえず挑戦してから失敗の繰り返しで学んで行きますよ! [続きを読む]

受信: 2009年8月 6日 (木) 12時57分

« 式場めぐり | トップページ | 四十九日が過ぎて・・・ »