« 努力のち・・・ | トップページ | 幸せの半分は努力でできています。 »

2008年10月19日 (日)

少し考えさせて

会社の同僚のマキには、3ヶ月程前から、毎日メールして、毎週会って彼の家に泊まってる相手がいる。

そんな彼女の悩みは・・・

「付き合っている」のと同じ状況だけど、「付き合っている」のかどうかわからないコト。

合コンで出会い、メールのやりとりを続けるうちに、
次第に距離が縮まり、気がつけば今の状況。

何度も聞こうとした「私たちは付き合ってるの?」を口に出せなかった最大の理由は・・・


彼が6歳年下であること。


三十路の私たちから見て、20代半ばの男の子はアリでも、逆はどうなんだろうか。
彼らからしてみれば、20台前半も選べるわけですから。

しかも、私たちは結婚への焦りがないかと聞かれれば嘘になる年頃。
明確じゃない二人の関係を考えるたび苦しくなる。

でも、気がつけばいつもそのことばかり考えてしまう。


「ハッキリさせた方がいいよ。このままの状況は苦しいよ?」

「うん・・・。何度かどういうつもりなのかちゃんと言葉で教えてって言ってるんだけど、一緒にいるってことはそういうことだ、とか、会いたいと思ってる、とか、いつもそんな回答なのよね。」

「そんなのズルいよ!逃げてるとしか思えない。」



前に男友達が言ってた言葉を思い出した。

「曖昧で引っ張れるのは3ヶ月まで」

本当にそうだぞ!オマエ!


そして・・・


ついに彼女は二人の関係について聞いた。

と、いうより問い詰めた。


彼の口から出た言葉は・・・
「少し考えさせて。」
だった。


って、考えることじゃないだろ!!


私の過去の統計からすると、少し考えた男の人が出す結論は、
「フェードアウト」である。


そんなことわかっていても返事を待ってしまい、
さらにその返事がいい返事であることを心のどこかで期待してしまう。


それがまた辛い時間なんですよね・・・。

|

« 努力のち・・・ | トップページ | 幸せの半分は努力でできています。 »

コメント

その後マキさん達はどうなったのでしょう?
フェイドアウトだったんですか・・・?

好きになってしまうと、曖昧な関係でも
一緒にいると楽しいし、でも不安だし。
なんとも切ないです。

投稿: ルナルナ | 2008年11月 2日 (日) 17時42分

マキは、やはりダメでした。
「まだそこまで考えられない」
とコメントされたそうです。
私たちの年代と遊び感覚では困りますよね・・・。
はじめから「そこまで」想定して欲しいです。
あいまいな関係って結局上手くいかないことが頭のどこかでわかっていても、ぬるま湯のようにそこからいつまで経っても出られないですよね。

投稿: ヒナコ | 2008年11月 3日 (月) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185891/24441051

この記事へのトラックバック一覧です: 少し考えさせて:

« 努力のち・・・ | トップページ | 幸せの半分は努力でできています。 »