« 揺れる想い~幸せに生きるコツ~ | トップページ | 努力のち・・・ »

2008年10月12日 (日)

決戦は金曜日

ついに「その時」が来る。


今からちょうど3年前、同僚の啓二が父の会社を次ぐと言って会社を辞めた。
それまでもよい友達だった私たちは、会社で会わない分、プライベートで会うようになった。


そしてよくある話ですが・・・

3ヶ月程経つと私たちの友情は、恋愛感情へと変わっていきました。



ただ・・・
その時、啓二には3年付き合った彼女がいたのです。

しかも彼女は私と同社同期。
ただ、営業所で事務をしている彼女との接点はほとんどなく、電話で声を知っている程度でした。
それでも名前を見たり、声を聞いたりするたび、私の心は重たくなった。


「すぐに別れるから」
と言って始まった関係。
「もう少し待って」と言われ続けて半年。

先の見えないモノを待つことがこんなにも辛いと思わなかった。
会わない時間や、連絡の取れない時間は「嫉妬心」「猜疑心」「不安」を生み、私の心はボロボロになっていた。

待ちくたびれて問い詰めた私に啓二が言った言葉は
「もう…見切ってくれていいよ」
でした。

「もう連絡を取るのをやめよう。」

そう決めた時、はじめはさみしくて悔しくてくじけそうでしたが、
1週間もすると逆にスッキリして、

「なぜあれほどまでに啓二に執着したのだろう?」

とさえ思った。


今思えば、きっと・・・
費やした時間と愛情を無駄にしたくないという気持ちが大きかった気がします。


最後に捨て台詞か平手打ちでも浴びせたかったけど、
何の解決にもならず、ただ嫌な思いがお互い残るだけだと思い、やめた。


そのかわり・・・
次に会う時には、絶対イイ女になって、幸せになって、後悔させてやろうと決めたのでした。


そして・・・
ついに「その時」が来たのです。


今度の金曜日、共通の友人の海外赴任が決まり、
10人未満でささやかな送別会が行われることになった。
そのメンバーに啓二がいた。

私の参加に関わらず、都合が悪くてこないかもしれない。

・・・でも、来るかもしれない。


金曜日まであと一週間。
こうなったら、残された時間でキレイになる努力をするぞ!

|

« 揺れる想い~幸せに生きるコツ~ | トップページ | 努力のち・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185891/24440600

この記事へのトラックバック一覧です: 決戦は金曜日:

« 揺れる想い~幸せに生きるコツ~ | トップページ | 努力のち・・・ »