« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の6件の記事

2008年5月29日 (木)

結婚したい女

全てを手に入れるって難しいんだなって近頃思います。


なーんて贅沢を2年前の私に聞かれたら、
確実に後ろから刺される。
でも・・・
なぜ去年ではなく、2年前といったかというと・・・
振り返れば今までの人生で一番毎日が変化に富んでいて充実していたのって去年かも・・・と思ったから。


タカシとヨシコとつるんでいて、
毎週のように合コン三昧の日々。
月に1回のデートにドキドキして、
失敗する度にみんなで集まって明け方までミーティング。
毎月旅行に出かけ、仕事も忙しくも順調。
あの時は「あとカレさえいたら完璧」なんて思ってたっけ。


でも、今の私は・・・


カレを手に入れはしたものの、
(彼女ができた)タカシとはほとんど会わなくなり
(合コンを含め)友達と遊ぶ回数も3割減。
仕事はオーバーワークで、体調を壊して4月、5月と毎月ダウン。
ゴルフのレッスンも今のプロジェクトが終わるまで半年間休校。
今は「実行できる体力と時間」から「やりたいこと」が明らかに溢れている。


でも、神様がリセットボタンを持ってやってきて・・・
「じゃあ、別れて元の生活に戻る?」
って聞いてきても、やっぱり押さない。



酸いも甘いも噛み分けた32歳だから押さない。


失うものと得るもの。
今の私は、自由やドキドキを失ったけれど、安らぎを得たのだと思う。


次に進むステージは・・・結婚。



ただ・・・

彼にその意思はまだ全くないのですが(笑)

一人でいることに慣れてしまって、誰かを必要としているとは到底思えない。


じゃあ・・・

私は?



結婚するってずいぶんとたくさんのコトを失わなくてはいけない。
カレができて失ったものなんて全く比にならない。
要するに・・・
今既にへこたれている私に結婚はまず100%無理。


まずは今の自分を変えなくては・・・。



自分が「結婚したい女」にならなくては、
はたから見て「結婚したい女」には到底なれない。



手始めに・・・
部屋の掃除から始めようかな(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

大人のお付き合い

会社の同僚のアオイちゃんに、10年ぶりに彼ができた。


キレイなのに、恋愛に超奥手な彼女はずいぶんと彼のいない時期を過ごしました。
私の知りうる限りでは、かなりのオファーがあったのですが、
大抵、彼女の反応が悪く、男性たちは早々に退散してしまう。


そんな彼女が、先日会社の同僚で飲みに行ったときに

「最近、カレができたんだよね。」


と赤裸々告白をしたから、みんなビックリ。
聞けば毎週2~3回ほど会っている様子。
久しぶりの恋愛に、普段クールな彼女が別人のように夢中になっています。


恋愛が彼女の生活の大半を占めている。



携帯が常にカラダのどこかに触れる位置にあり、
メールが届けば、何をしていてもすぐにメールチェックして返信。
着信があれば、何をしていてもすぐに電話。
みんなで食事をしていても、話をしていても全て中断。
トイレにも携帯を持っていってます(笑)


同じ位の時期にカレができた私とあおいちゃん。
周りの友達から見ると正反対の二人。

私は・・・「ドライなおつきあい」
週に一度会い、メールは2~3日に一度、電話は週に1~2回。
お互いの生活にほとんど干渉ナシ。

あおいちゃんは・・・「ウエットなおつきあい」
週に2~3度会い、メールは毎日3通以上、電話は2~3日に1回。
お互いのスケジュールを把握。
家に帰ったら必ず「ただいま」メールをするなどのルールあり。

三十路の女子としては、私の関係が普通くらいなのかなと思いきや、
周りの友達の反応は、私よりあおいちゃんの方が共感を得ていました。


あおいちゃんを見て、「周りが見えなくなっているなぁ」と思ってしまう私。
でも・・・
ひょっとすると、内心うらやましいと思っているのかも。

自分の中に、恋愛にどっぷり溺れたいという気持ちと、
溺れて自分の視野と人間関係が狭くなってしまうことが怖いという気持ちがある。


大抵いつも後者が勝っている私。



自分の選択してきたライフスタイルを否定するつもりは全くないのですが、
一度恋愛に溺れてみたいという憧れはある。


きっと、「ないものネダリ」なんでしょうね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

怪しい商売始めます?

筋肉合コンから帰り、眠りについた夜中の1時にヨシコからメールがきた。


「どうしよう!
拓ちゃん(27歳)から一目惚れしたってメールがきちゃったよ。
私は裕二くん(29歳)と一度食事に行きたいんだけど・・・。
あと、浅川くん(24歳)と今田くん(24歳)から赤外線で連絡先をもらっていて、私から連絡することになってるのもどうしたらいいかなぁ。」



な、なんて羨ましい悩み・・・。



死ぬまでに一度でいいから「一目惚れした」なんて言われてみたい。
翌朝、イロイロとよく考えてから返信。


「私なら・・・


①まず裕二くんにお誘いメールして、
  できるだけ早目にアポを取る。
 →自分から誘うことで興味があるとアピールができるし、
   相手の自分に対する気持ちが早くわかる。

②拓ちゃんに返信して、少し先日付でアポイントを取る。
  あくまでも受身のスタンスで。
 →相手が積極的だから、受け身で先延ばしでもいいと思う。
   まずは自分が気に入ってる人の反応を見てから考える。

③他の二人には「またみんなで遊びましょう」
  くらいのメールをする。
 →同じフィールドで広げすぎると、
   
悪いウワサだけが広がる恐れあり。

かな。
あまり自分の身に起こったことがない出来事なので、
あくまでも参考程度で読んでね。」



その後・・・
進捗状況が気になった私。
ヨシコとお茶をした時にその後の状況を聞いてみた。


「拓ちゃんは、私の年齢を知らなかったみたいで、
『33歳だけどいい?』ってメールしたらフェードアウトされちゃった。
裕二くんとは今月末あたりでゴハンの約束をしたけど、
でもちょっと時間が経ったら自分の気持ちが冷めてきたかも。
他の二人にはおあいそメールをしたら、BBQをやろうといわれちゃって・・・。
6人ずつ呼んでやることになったんだけど、私じゃ人も集められないし・・・。
だから・・・お願い!!
ヒナコ、もう一回だけ幹事やって~!!!」



な、なんと・・・。


小遣い稼ぎに「恋愛相談」と「合コン紹介」と「イベント開催」の有料サービスでも始めようかなぁ(笑)

【追伸】
私がヨシコにしたアドバイスが間違っていたら
どうぞ教えてくださいm( _ _ )m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

パンドラの箱

パンドラの箱【ぱんどらのはこ】
ゼウスがすべての悪と災いを封じこめて、人間界に行くパンドラに持たせた箱。
パンドラが好奇心からこれを開いたため、あらゆる罪悪・災禍が抜け出て、人類は不幸にみまわれるようになり、希望だけが箱の底に残った。


実は先日、私もパンドラの箱を持たされました。
しかも、希望がはいっていないヤツを渡されました。
その箱の名は・・・
「パソコン」


私のデジカメでとった写真を、自分のPCにも落としておいてと言われて立ち上げた彼のパソコン。
データを保存する際に私が選んだ領域は「マイピクチャー」


そこには・・・
先客がいた。
明らかに女性と写っているのが遠巻きにわかる写真の入ったフォルダが3つ。


間違いなく昔の彼女である。


人間の防衛本能とは優れたもので、私はソッコー最小化した。
振り返ると彼は楽しそうに野球観戦中。


「見る」か、見ない」か・・・。


私の選んだ答えは・・・


「見ない。」




見ても絶対・・・
「百害あって一利なし。」



しかし、今回は向こうから手渡してきた・・・。
「写真って自分で撮らなくて、人にデータでもらうことが多いんだよね。」
と言っていたから、こーいうことがあるような嫌な予感がした。

だから親切(?)に、事前に・・・
「他の写真見てもいい?見られたくない写真とかないの??」
ってきいたのですが、彼は・・・

超高校生級パソコンオンチ。

どうやら昔の彼女がデジカメから取り込んだデータが「マイピクチャー」に残っていることに全く気がついていなかった様子で、
「あー、別にないから勝手に好きなの見てくれていいよ。」
とか回答してくれちゃいました。


頼むよ・・・。
もう少し脇を締めて!



「パソコン」を含め、私たちの周りには3つのパンドラの箱がある。

「携帯電話」と「車のナビ」である。


「携帯電話」は言わずと知れた「メール」「着信履歴」「発信履歴」
「車のナビ」は「目的地履歴」「ETCの利用履歴」

とにかく箱の名前は違えど、どの箱にも希望は入っていないことは共通事項。
シロな相手であっても、ちょっとした不安材料は探せばいくらでも見つけられるし、見たことが相手に知れた時点で相当嫌な空気になると思われるため・・・



開けないことをオススメしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

引退試合?

久しぶりに合コン行ってきました。


あ、うちは合コン参加はお互いオッケーなんです。

実は・・・

今までの月2回の合コンの8割は私が幹事だったため、
周りが私の引退に慌てふためいて、

「引退してもネタだけは提供してほしい」

との依頼が殺到。
そのため、しばらくは私の合コンネタのストックを提供し、
そこからは私の女友達たちが広げるということになったのです。


今回は筋肉好きな私の女友達のために、
社会人ラグビーをしている私の男友達を引き合わせるというもの。

男子チームは全員年上好きで、歳の差は全く気にならないとのことでしたが、
実は男子24、24、27、29歳に対して・・・
女子は28、32、33、34歳

でも女子メンバーは親友ヨシコ、後輩マリちゃん、先輩美和子さんの美人スタメンとあって、大変盛り上がりました。

しかし全員デカイ。
最小で180センチですから。
そして鍛えてるカラダはやはり違いました、

女子メンバーのテンションが。

室温がいつもより2~3度高く感じた。
全員が連絡先を交換して解散。


「久しぶりにいいカラダを見せてもらったわ~!いつまででも見ていたかったぁ~。」

「本当ですねぇ~。ヒナコさん、他に体育会系ネタはないんですか!?」



帰りの電車でもテンション高いままのヨシコとマリちゃん。
久しぶりにあんなに喜んでもらえて見てて楽しかった。


付き合い始めてから、初めて参加した今回の合コン。



以前は・・・
「イチ合コン、イチメアド、イチデート」
をスローガンにひたすら第一線でがんばってましたが、

今は完全に引退気分。


以前のようなガツガツさは全くなく、極めて穏やかな気持ちでの参加。
楽だけど、ちょっとさみしいような、そして懐かしいような、そんな気持ちになりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

草食男子

「ヒナコにピッタリな特集を見つけたから送るよ」


ヨシコからメールが届いた。

そこには・・・
「草食男子との恋愛」

とあった。


実は、彼と付き合って一ヶ月。

何事も・・・ない。


女32年も生きてくると、様々な人と出会い、様々な恋愛経験をします。
そして、どうしても過去の事例と比べてしまう。
たまたま私の過去の進展が早かったのかな、と思っていました。
会えば楽しいし、仲もいい。

でも、指一本触れられないのです。



マサカ、このお付き合い自体が・・・

ドッキリ??


いいや、それにしては手が込みすぎている。
仮に怨恨絡みだとしても、こんな手の込んだ真似はしないだろう。


そんなくだらない妄想をしていた時に、ヨシコからメールをもらった。

「草食男子」かぁ・・・。


しかし、世間にそんなコトバがあったとは知らなかった。
「non-no」を読んで見つけた特集らしい。
32歳で「non-no」を読んでいたヨシコに感心しつつ、
興味深く彼女からのメールを読み始めた。

そこには草食男子の「長所」と「短所」があった。


長所

体目的ではない
人間性重視
安定思考

短所

進展が遅い
選ぶ基準が曖昧
ドラマ性に欠ける



あぁ、まさにコレだ。



もっと詳しく知りたくなり、早速得意の(?)ネットで検索してみた。

なんと!!イロイロある。


最近の女性雑誌では「草食男子」向けの恋愛ノウハウがテーマとして取り上げられているらしいことが取り上げられているといった内容の記事や、

「草食男子」以外にも、UNDER35世代の男子の生態や行動原則について書かれたコラムなどを見つけました。


さてさて、これからどう進展していくのかしら。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »